FC2ブログ
プロフィール

makoto

Author:makoto
こんにちは、高畠 誠です。
簡単な自己紹介をしたいと思います。
私は京都にある京富士印刷という印刷屋で代表取締役をしております。

興味のあることに関して、集中して物事を深く考えることが好きなのですが、いろいろなことに気が向けられない研究家タイプ(自称)だと思います。これがまた人とのコミュニケーションの場では、中々苦労するのですが、それでも色々な人との出会いの中で、切磋琢磨しながら楽しんで過ごしています。

テニスやゴルフなど、スポーツは色々とやっているのでアウトドア派と思われがちですが、実は結構なインドア派です。ドラマや漫画を読むのも大切な至福の時間となっています。

楽しいことを求めて楽しむ自分を作り出すことを考えるのが好きで、人の居場所や人見知り、パーソナルスペース、人柄(キャラ)などは、私の楽しい熟考題材です。生活信条は「おもしろきこともなき世をおもしろく」という高杉晋作の辞世の句のとおりで、どんな状況でもおもしろく生きようという精神を持ち続けたいと思っています。

魅力ある良い経営者を目指している途中ですので、経営者への道というタイトルを付けてしまいましたが、目標は大きく持とうと思っての事ですので、小さな事から大きな事まで学んだ事や、気になったりこだわったりした事を自由な切り口で書いていきたいと思います。 一応カテゴリ分けしまして、自社サイトで続けていました若手営業マンの印刷DTP勉強部屋も続けていこうと思います。 無知な私の道(未知)なことですので、これからどうぞよろしくお願いします。

最新コメント
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

包装紙の特徴

さて、今回は包装紙の納品がありましたので、そのお話しです。
当社では包装紙をよく扱っていますが、包装紙は用途によって、お客様自身で好きな大きさに切って利用されることが多いので、要望によって、当社からはある程度大きなサイズのまま納品いたします。

包装紙でよく利用される中に、四六判という紙の大きさをよく使うことがあるのですが、その全判(何も切らない状態)ともなると、なんと1091×788mmの大きさにもなります。その大きさでは持ち運べないので、軽く丸めたりして包装することもあります。薄さの割に、強度が強く、折ったり丸めたりしても破れにくい紙質です。(あくまでも一般紙と比べてですが)。

包装紙用の紙にはクラフト紙という茶色い紙をよく使うのですが、晒した(白くした)クラフト紙もあります。「晒クラフト」は白ですので、印刷もしやすいです。また、艶のあるなしも大きな違いです。 店のロゴを散りばめて、どの角度からも分かるようにしたり、模様を入れてその店の雰囲気を伝えたりと、中の商品を包む用途ではあっても、何気なくもアピールをするのが、包装紙の役目です。 はやる気持ちを抑えつつ、購入した商品の包装紙を空ける前に、少し観察してみると、いろいろな工夫が見えてきます。今度は面白い意味を持つ包装紙も作ってみたいですね。
CATEGORY:若手営業マンの印刷DTP勉強部屋

THEME:仕事の現場 | GENRE:ビジネス

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。