FC2ブログ
プロフィール

makoto

Author:makoto
こんにちは、高畠 誠です。
簡単な自己紹介をしたいと思います。
私は京都にある京富士印刷という印刷屋で代表取締役をしております。

興味のあることに関して、集中して物事を深く考えることが好きなのですが、いろいろなことに気が向けられない研究家タイプ(自称)だと思います。これがまた人とのコミュニケーションの場では、中々苦労するのですが、それでも色々な人との出会いの中で、切磋琢磨しながら楽しんで過ごしています。

テニスやゴルフなど、スポーツは色々とやっているのでアウトドア派と思われがちですが、実は結構なインドア派です。ドラマや漫画を読むのも大切な至福の時間となっています。

楽しいことを求めて楽しむ自分を作り出すことを考えるのが好きで、人の居場所や人見知り、パーソナルスペース、人柄(キャラ)などは、私の楽しい熟考題材です。生活信条は「おもしろきこともなき世をおもしろく」という高杉晋作の辞世の句のとおりで、どんな状況でもおもしろく生きようという精神を持ち続けたいと思っています。

魅力ある良い経営者を目指している途中ですので、経営者への道というタイトルを付けてしまいましたが、目標は大きく持とうと思っての事ですので、小さな事から大きな事まで学んだ事や、気になったりこだわったりした事を自由な切り口で書いていきたいと思います。 一応カテゴリ分けしまして、自社サイトで続けていました若手営業マンの印刷DTP勉強部屋も続けていこうと思います。 無知な私の道(未知)なことですので、これからどうぞよろしくお願いします。

最新コメント
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月研修例会 P-1グランプリ

11月の話ではありますが、中小企業家同友会青年部会の11月研修例会にて、プレゼンテーション力を競い合う、P-1グランプリというのを開催させていただきました。

コミュニケーション能力の基本としても、またこれからのリーダーシップに対しても非常に重要なスキルであるプレゼンテーション。人に正しく伝え、よく理解してもらい、そこから感動させるということをプレゼンテーションの目的だと私は捉えていますが、他にも色々な見方があるようです。

さて、今回のこの企画ですが、私は運営をしながら終始参加者の動向や雰囲気を見ていましたが、これまた、かなり刺激的なものだったようです。
ルールは2分半のプレゼン時間内に自社をPRするというものです。自社に関連することであれば何でもありです。自社製品や業務内容を伝える人もいれば、業界の内容をPRされる方も、はたまた代表者の夢を語られる人もいました。表現方法は自由でしたので、資料を用意している方もいれば、何も考えてきてなくても自信を持って話されている方もいました。予選を勝ち上がったら次は全員の前で決勝が行われます。決勝に上がった人達は間違いなく人の心をつかむのが上手でした
弊社からも1人営業マンを連れていって参加してもらいましたが、予選で負けてとても悔しがっていました。次回があればリベンジしたいと・・・。うれしい限りですね

見ていて思ったのは、全てを伝えようとしすぎて2分半に全然収まっていなく、悔しがっている人が多かったように思います

限られた時間でどれだけ人に伝えられるか。普段過ごしていて、制限時間というものを気にすることは少ないかと思いますが、実は絶対的に時間は有限でありますので、常にそこは気にしていなければいけないものなんですよね。
誰かと話す時も時間を使っているわけですし、それが大人数になればなるほど、ものすごい時間消費となります。もちろん1人の時も意識できればいいですけど

今回P-1グランプリを通して、プレゼンテーションの能力向上の必要性や難しさを感じると共に、人と共に過ごしている有限である時間をしっかりと意識して行動しておかないといけないと思いました。
CATEGORY:経営者の高みへ

THEME:経営者 | GENRE:ビジネス

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。