FC2ブログ
プロフィール

makoto

Author:makoto
こんにちは、高畠 誠です。
簡単な自己紹介をしたいと思います。
私は京都にある京富士印刷という印刷屋で代表取締役をしております。

興味のあることに関して、集中して物事を深く考えることが好きなのですが、いろいろなことに気が向けられない研究家タイプ(自称)だと思います。これがまた人とのコミュニケーションの場では、中々苦労するのですが、それでも色々な人との出会いの中で、切磋琢磨しながら楽しんで過ごしています。

テニスやゴルフなど、スポーツは色々とやっているのでアウトドア派と思われがちですが、実は結構なインドア派です。ドラマや漫画を読むのも大切な至福の時間となっています。

楽しいことを求めて楽しむ自分を作り出すことを考えるのが好きで、人の居場所や人見知り、パーソナルスペース、人柄(キャラ)などは、私の楽しい熟考題材です。生活信条は「おもしろきこともなき世をおもしろく」という高杉晋作の辞世の句のとおりで、どんな状況でもおもしろく生きようという精神を持ち続けたいと思っています。

魅力ある良い経営者を目指している途中ですので、経営者への道というタイトルを付けてしまいましたが、目標は大きく持とうと思っての事ですので、小さな事から大きな事まで学んだ事や、気になったりこだわったりした事を自由な切り口で書いていきたいと思います。 一応カテゴリ分けしまして、自社サイトで続けていました若手営業マンの印刷DTP勉強部屋も続けていこうと思います。 無知な私の道(未知)なことですので、これからどうぞよろしくお願いします。

最新コメント
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高めよう防災知識

昨日京都JCの例会で防災知識を高める講師講演がありました。

講師には、京都市行財政局防災危機管理室防災課長の白木貞二郎氏に来て頂き、東日本大震災での教訓を踏まえて、京都で災害が起きた時の対処法と心構えを学びました。

以前人から聞いた話でおかしいと思ったのは、京都人はなぜか「京都は災害はない」という根拠のない自信を持っているそうです。
平安遷都のいわれからか、昔の人が選んだ土地は非常に素晴らしいという事なのか、なんだかんだで運が良かったからなのか・・・

ただ、やはり本当はそういうわけでもなく、結構災害リスクは高いようです

そこで備えの大切さや、防災対策の基本について意識しておくことが一番重要だという事です。

最後に強調されていたのは、「自分の命は自分でしか守れない」という事です。今まで、国や行政に助けてもらえると思っていたのは間違いで、緊急の時は自分しかいない。地域の近所の人しかいない。行政が動くのは一番最後だという事です。

想像してみると、確かにそうですね。災害が起きた時に自分をしっかり守る事が出来ないと、他人も助けられないと思いますし、何とかしてーと誰かに言っても何にもならない状況になりますね。

企業としては、事業継続計画 / BCPが必要になってくるのだと思います。

小学校の時に行っていた防災訓練がどれだけ大切だったか、今にして思います。
こういうタイミングを機会に防災の意識を持ちたいと思います


※ 事業継続計画 / BCP
(ビジネスコンティニュイティ・プラン)
企業がビジネスコンティニュイティに取り組むうえで基本となる計画のこと。災害や事故などの予期せぬ出来事の発生により、限られた経営資源で最低限の事業活動を継続、ないし目標復旧時間以内に再開できるようにするために、事前に策定される行動計画である。
CATEGORY:自己流の道

THEME:経営者 | GENRE:ビジネス

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。